スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「赤壁の戦い(レッドクリフ)Part1」

2009年03月12日 23:39

4月9日に「レッドクリフPart2」が劇場公開になるそうで、
Part1がレンタル開始となってたので、早速借りてきて見ました^^

夫との共通の趣味が音楽とゴールデン・リトリバー(犬)とそしてこれ「歴史もの」なんです。
私は大学での専攻が歴史学でして、で、歴史学の中でも西洋史専攻でした。
だから、ギリシャ・ローマ史とか、フランス革命あたりのヨーロッパ史、産業革命前あたりが好きで
いろんな歴史小説とか読むのが好きでした。
好きな時代の百科事典を開いては趣味でずーっと読んでたり。
史実は想像以上に残酷な世界なんですよね。
知れば知るほど、現在の平和な社会に感謝します。
とはいっても、詳しい史実は今となってはあまり覚えてないんですが、
印象に残るような残酷な史実はやはりどうしても忘れられずに、ずっと心に残ってしまいます。

「三国志」はとても好きなんです。
とはいえ、「三国志」は漫画で全巻読みました(苦笑)
でも、これが本当に面白かった^^
小説はちょっと・・・という方には漫画をオススメします。
スラムダンク以来ですかね?読むのが止められなかった漫画は(笑)
漫画でしかも何度もリピートしました、「三国志」は。
一番好きなキャラクター諸葛孔明と周瑜(しゅうゆ)がこの映画では主人公として描かれています。
諸葛孔明は金城武が、周瑜(しゅうゆ)はトニー・レオンがそれぞれ演じています。
私は中華圏についてはそれほど知らないので、
今回名前だけは聞いて知っていたトニーレオンの演技を初めて見ることに。
それに、中村師童が出演しているとは知らなかった。

まだ、Part1では序盤戦ってところでしょうか。
でも、視覚に訴える部分では、ジョン・ウー監督らしい映像のように思いました。
残虐な場面はいくつかありますが、割とさらっと描かれているような。
「赤壁の戦い」の見所はこれから。
part2では「三国志演義」にはない女性の活躍する内容の部分もあるようですね。
「赤壁の戦い」は私が三国志の中でも好きな戦いのうちの一つです。

趙雲役を演じている胡軍(フー・ジュン)がとても魅力的に描かれています。
あと、周瑜(しゅうゆ)の妻役の小喬がほーんとに綺麗。
映画初出演だったらしいのですが、この作品を終えてからは出演依頼が殺到してるらしいです。

17134.jpg

早くpart2が見たくなってきました。
久々に映画館に行っちゃうかも、です。

赤壁の戦い2


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. はらっち☆ | URL | N6ePdb9E

    鍵コメさんへ

    世界史は、もしかしたら教える先生によっては教科書に書いてあることだけを
    黒板に書いたりする授業になるかもねー。
    私が教えてもらった世界史の先生が西洋史が専門だったみたいで、
    特に処刑の話になると生き生きして、いろんな話を聞かせてくれたんだよね。
    寝てる生徒が半数以上と、歴史は高校生には全く人気のない授業だったけど、
    私は、先生が教科書以外のことを喋り始めると、目が輝いてたかもなぁ(笑)
    それから、帰宅しては百科事典を読む日々が続いたんだよねー。
    百科事典には先生が喋ってくれた教科書に載ってない話の絵が載ってて。
    あーこういうことなのか、と自分の頭の中に描いた風景が絵をみることでばっちり頭に刻み込まれるの。
    だからこそ残酷な史実を特によく覚えてたのかもしれない。
    あと、NHKの大河ドラマが昔は大好きで、よく見てたな~。

    三国志は大人になって読んだ本なんだけど、平家物語は何度も何度も学生時代読んだ本だったの。
    クレオパトラ、アレクサンダー大王、トロイの木馬の話なんかは、
    やっぱり自分で本を読んだから覚えてるのかも。
    三国志の漫画はほんとに面白いよ^^
    歴史の教育は、時代によってかなり内容が変更されてるし、教育方針もかなり変化してきてるから
    偏りがあるかもしれないね。

    三国志演義(の方だっけ?)には、周瑜の妻、小喬についての話はなかったと思うよ。
    あの時代に女性が絡むってことは考えにくいので、
    ジョン・ウー監督のアレンジ(あるいは脚本家?)かな~と思う。
    中世までは、西洋でも東洋でも、女性は現在のような人としての扱いはないから、
    1人で曹操のところに乗り込むなんて考えられないことだと思う。
    だから、三国志が本当に好きな人にとっては、この映画はちょっと・・・って人もいるかもね。
    私は劉備や孫権が亡くなってからの戦いが好きで。
    結局は、曹操が天下を取るんだけど、勢いがなくなっていく劉備や孫権の国の様子が哀愁が漂ってるんだよね(苦笑)
    諸葛孔明の作戦は素晴らしいのに、主たる人たちはなくなってしまってて
    それを遂行できる戦士がいなくて
    大切で勝てるはずの戦に負けてしまってからは、敗走が続くの。
    三国志は欲望や人情やいろんなものが描かれた話だから、是非Part2も見て欲しいな~。
    私も映画館に見に行く予定^^
    part2はほんと面白そう。
    ジョン・ウー監督の血しぶきの描き方が、ものすごく監督らしいな~と思いながらPart1を見ました(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。