スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年08月18日 21:13

シャイだから The SHINee World - これデビューアルバム当たる?



シャイニの今度アルバムは国内で久し振り出た純度高い R&B アルバムだ. シャイニがアイドルでムォゴが重要ではなく, これがもっと重要だ. メーンストリームアルバムをこんなに強硬に R&B ボーカルナンバーたちにだけ満たしたのは, ヘリテージ以後でほとんど初めのようだ.

ヘリテージの場合には, 幼い時代から教会ゴスペルにお爺さん受けた, 精神的でも R&Bの根を共有する徹底的な専門ミュージシャンたちの作品だからあれほどの純度が可能だった. しかし現在の狭小な国内市場状況下で, こんな音楽を国内で全体調逹受けるのはほとんど不可能だ.

我が国には幾多の R&B歌手と音楽が出るようだが, 事実はよくよく見れば, メロディーはたいてい徹底的に歌謡的で, 伴奏やボーカルの日程テクニックだけ R&B敵に処理した場合が大半だ. はなはだしくは, よほどすぐれたレベルの R&B シンガーたちも, タイトル曲はよほど歌謡的メロディーを土台にする場合が多い. それでこそ大衆に易しく近付いたりするが, また他の理由は, オリジナルした R&B メロディーを創作し出すことができる作曲家が絶対不足だからでもある.

ところで SMはシャイニのデビューアルバムで決心したように - 歪曲作曲家たちラインをいきなり稼動して - R&Bに基盤したポップを固守する. 一言で家事だけハングルのみ, アメリカ式ポップに慣れるどんな外国人たちにも何らの境界なしに近付くことができる歌という意味だ. 我が国で一番流麗な R&B作曲家でもあったユ・ヨンジンの '強い愛情と息づかい'も感じられる. 二語曲を抜いてからはすべてスロー, あるいはミディアムテンポの, メロディーラインまで徹底的な R&B 作法のバラードたちだ. その二語曲までも, 歌謡ではない. それとともに全般的な雰囲気は'コンテンポラリー (ボーイ)バンド'という広報にふさわしく, 'アダルトコンテンポラリー性向' である. 幼い少年たちにはすぎるほど成熟した歌たちではないかと思ったりするが. 'ボーイバンドのティンパブ'公式よりはずっと野心を燃やす試みだ. この才能ある十代少年たちが '私のような長年層ポップファン'が楽しく鑑賞することができる音楽を海州だのただ恐縮なだけだ.

こんなに野心満々と行くことができた理由と背景にはさまざまがあるが, 一番重要なことはすぐゾングヒョンの存在だ. SMの代表ボーカリストたちは, 締める 'ユ・ヨンジン唱法'を真似るとひんしゅくを買った事があるが, 実は本当で遊泳進食の唱法を駆使した人はいない. 彼らはユ・ヨンジンのまた他の面貌 - すなわち, 彼のダンサー的あるいはモホムがゾック感覚がもっと反映されたハイブリッドラックデンスミュジックにふさわしいボーカリストたちだった. しかしゾングヒョンは, ゾングヒョンこそ遊泳進食 R&B ボーカルの真正な継勝スッポンすることができる人物だ. , 技倆とテクニックですぐれたことだともう言うまでもない話で. ゾングヒョンが難しくないように駆使し出す濃艷した R&B時質感にユ・ヨンジンは内心両手をマッビビであり興奮しなかっただろうか. そして出たシャイニのアルバムは, ユ・ヨンジンが今 10代だったら自分のアルバムをこのようにさせたような, そんなアルバムであることだ.

私は, ユ・ヨンジンの力量を信頼と認める人だから, こんな関係が嫌いではない. しかし, それでもやっぱりシャイニはシャイニだ. アルバム全体は, 新人グループの 1集打ってからはよほど高い水準なのが明らかだが, 少し開かれて緩い隅があったらと思う満腹な惜しさも入る. 今のアルバム構造に手をつけるのはあまり賛成の中するが - どこかボーナストラックが隠れていて, これらが呼んだ '幼い歌' 一つが盛られても面白かったろうと思う. 十代少年である五人メンバーたちの丸感じを盗み見したいからだ.

そんな心のためだろう. 1集全体を聞きながら耳にぐいっと入って来る歌は, 比較的軽くてリズミカルな, それでシャイニもより肩に負担を減らして消化した跡がありありと見えた '私のそばにだけいて(Best Place)'だ. なみなみな雰囲気が少年たちとよく交わる.

一番面白いことは最初曲 The SHINee World. 初めに聞く時は, '遊泳陳氏, あまり興奮したことではないか'とウムチルしたが, 何か聞けば聞くほどおもしろい. 五人メンバーたちが一番楽しみがわくようにこれから出てポルチァックポルチァック飛び回って遊ぶ歌ではないかと思う. 元はと言えばこの曲の仮死児こそ殺伐な演習生の間の競争をくぐってもうちょうど歌謡界にデビューした幼い少年たちの心そのままではないのか. その外収録曲は前でマルヘッダシピ皆水準級の R&B ナンバーで耳が楽しい. ゾングヒョンを除いた他のメンバーたちのボーカルはまだ青臭いにおいがぷんぷんと漂うが, 才能は明らかで '感'は正確に取っている. 前作でボーカル比重がほとんどなくて, ダークホースだろうかブラックホールだろうか知りたかった中学生テミンさえこぎれいに自分のパートを消化していてもっとこの若いグループに対する期待値を高める.

もうコンテンポラリー里バンドシャイニに残ったことはコンセプトにふさわしい粹で素敵なライブ公演. これさえ成したら, 最近になって革新的面貌を少しずつ補でありなって行く SMの真の, 一番素敵な変身になるはずだが... [ピパニアダッコム piffania.com]


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://vipbigbang.blog101.fc2.com/tb.php/433-da5a67b8
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。