スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コジンマルRemix.verの検証

2008年05月21日 23:19

次のmini albumは7月ですか!?
タイトル曲を含む2曲は「DAISHI DANCE」との共同曲とは、驚きです。
社長いわく「幻想的」だという融合が、もう今から楽しみで仕方ないです^^

さて、では久々に行ってみましょうか~! ダンス解説 
最初に言っておきたいのですが、
ダンス解説は、ただ、何度も映像をリピートするうちに気づいたことをまとめておきたい、
という気持ちから始めたものです。
基本、私の経験と主観に基づいて書いています。
前にも言ったことがあるんですが、ダンスはスポーツではなくて、芸術の分類に入ると思うんです。
ですから、同じ映像を見ても、感じることは人それぞれ。
私の書くダンス解説とは違う風に感じる方もいらっしゃるはずだと思います。
これが正解というものはないので、それを考慮の上進んでくださいね。
去年のコジンマルの活動の中で、私の一番好きなステージは「Mカ100回記念」
これを見て、一気にどど~んとはまり、
5日後のシアラのライブに思い立って急に行っちゃったわけですから(笑)
そのくらいのインパクトがあったわけです。
それに、それまではただなんとなく見ていたコジンマルのステージでしたが
このRemix.Verを見てBBのダンスの実力にやっと気づいて、
そこからはステージを見る視点が変わってきたんです。
このMカは生放送で見たので、私が初めてコジンマルRimix. verを見た時でした。
すでに韓国では、このRemix.verは人気歌謡で披露してたのですが・・・。
(人気歌謡の日本での放送は1ヶ月くらい遅れていたと思います。)

スンリとヨンベのフリーダンスにがつ~んと心打たれてねぇ・・・ほんとありえないくらいですよ。
そこから、まるでパボのように何度も何度もリピート 
それで、スンリがミスしてるところを発見したり・・・。
この頃、まだスンリペンじゃなかったので、
このステージの映像を見て、スンリってほんと隙のあるコだな~という印象でした。
だって、GDとか完璧なくらい表情カッコイイし、TOPの挑戦的な目線もすごいし、

k19_20080514171208.jpgk20.jpg
テソンが歌い上げる時に、背景に盛り上がる会場が映ってて感動的だったし
ヨンベのダンスは最高だったしね。
でも、ふっと映るスンリの姿は素の表情が結構多くて、なんか素人っぽい(笑)
カメラから視線を落としたりもしてた。
(他の歌番組ではまっすぐカメラを見てたんだけど、この時は視線を落としてましたね。)

k22.jpgk21.jpg
それが逆に気になって、気になって・・・。
スンリはその時の私にとっては、そんな存在でした。

で、約1ヶ月後にKNTVで「人気歌謡」でのコジンマルRimix.verを見たら、
はるかにこっちの方が上手い!!

完璧と言っていいほどのステージでした  
実際のステージは、10月7日に人気歌謡があって、その後、10月中旬にMカ100回記念。
なのに、先にやった方が完璧って???!!!
おかしいよね?普通、後になるほどまとまってよくなってくるはずでしょ?
そういう疑問が生まれると、なぜなのかを検証してみないと始まらないんですよ、私。
そこで、何度も2つの映像を大画面で見比べたんです。

Mカ100回記念と人気歌謡では何が違うのか、まずそこから検証してみました。

①まず、人気歌謡で感動したここ 

k4_20080514193243.jpg
ヨンベとスンリの頭が左右にさっ!と別れて、ものすごくキレがある。
(中盤のスンリ、ヨンベと順番にフリーダンスが終わって、歌に戻るところです)
でも、Mカ100回記念では、こういう振りだったとはわからず。
人気歌謡を見て、この振りの意図(ヨンベとスンリの頭が左右に別れて、キレを見せる)がやっとわかった(笑)

②スンリがミスってるここ 

ジヨンが中央に出てきて、スンリは右後ろに下がるところで、

j4_20080514200234.jpgj3_20080514200311.jpg
  よっかて(엿같애 よっかってに聞こえるところ)のところで、スンリが1人だけ振りに入れてない・・・。
で、スンリは「あ~!」みたいな表情をしてるんですよ。
人気歌謡では問題なく振りに入れているのに、このMカ100回記念の時だけスンリは振りに入れてないんです。

このたった2つなんです、違うと感じたところは。
で、まずは人気歌謡の①の部分を何度も何度も繰り返し見てみた・・・。

そしたら、センターからヨンベとスンリが左右に分かれて進む時の歩幅が全然違うんですよ。
①のキャプ部分を1拍目と数えると、3拍目でヨンベとスンリが左右に進むんだけど
スンリは3拍目の歩幅がものすごく広い。
どっちかって言うと必死なほどの進み方。

k24_20080515100655.jpgk26.jpg
(↑ クリックすると大きくなります。)
こうやってキャプるとほんのわずかの歩幅の差に見えるんだけど、
実際動いているところを見れば、余裕のヨンベと比べて
スンリの前進しようとする必死感が伝わってきます。
ヨンベの動きをチェックすると、3拍目はそれほど進まず、4拍目に少し歩幅を広げているのがわかります。

じゃあ、なぜスンリはこんなに必死で前進(向かって左側)しなければいけなかったのか???

それは、この5拍目の振りにポイントがあります。

k25.jpg
この5拍目に腕を左側に出す振り・・・。
スンリは、前進していた方向とは逆の方向に腕を出さなければいけない。
だから、必然的に5拍目はもう前進出来ないわけです。
そうなると、その前の4拍でこれから踊る定位置に移動しなければいけないわけで。
でも、ヨンベは進んでいる方向に腕を出すから、5拍目も移動しながら腕を出せばいいんですよ。
現にヨンベは5拍目まで移動しながら、↑ この振りを踊っています。
3拍目から左右に別れて進むので、実質スンリが向かって左に進めるのは3拍目と4拍目の2歩だけなんです。
だから、かなり必死 

1拍目 首を左右(スンリ-左、ヨンベ-右に)に切る
2拍目 上半身を左右(スンリ-左、ヨンベ-右に)に向ける
3拍目 左右(スンリ-左、ヨンベ-右に)に移動し始める

なんだけど、スンリは気持ちが焦ってるから(笑)、2拍目からフライング気味。

この首を2人が左右に切るところ・・・
じゃあ、なぜ人気歌謡の時ははっきりと見えたのに、Mカ100回記念の時はよくわからなかったのか?
その鍵が、スンリがミスっている②のキャプに潜んでいました。

②で振りに入れなかったスンリ。
ここで、振りに入れなかったことは、コジンマルの活動を通してこの1回だけなんです。
明らかに自分の位置に行くのに間に合ってないんですよね。
でも、毎回やってる振りなのにどうして?!
それはこういうことなんです。

今まで、ずっとSBS、MBC、KBSのスタジオ内でコジンマルのステージを行ってきました。
(でも、Remixを披露したのはSBSとMnetだけ・・・かな?)
そして、久しぶりにMカの広いステージでのRemix.ver。
スタジオとは比べ物にならない広さで、
8月にやったMカの時に比べて今回はかなりの奥行きも使っていました。
8月のMカの時のステージを見返しましたが、セットの関係かそれほど奥行きは使ってないようでしたね。
例えば、ここのGD。
ここから ↓ (スンリのmore moreから)

k33_20080521014527.jpg
ここまで ↓ かなりの勢いで移動してたり・・・。

k34_20080521014539.jpg
↓ こうやって見ても、奥行き深く使ってることもわかるし・・・。

k27.jpgk32.jpg

だから、いつもどおり下がってみたスンリは②のキャプの時、
自分のポジションが思ったより遠くて、振りに間に合わなかったんだろうな・・・と。
想像するに、①のキャプの時も、この後、ヨンベとスンリは一番外に広がらなければいけないわけで
かなり必死に広がることを頭で考えていたのでは?って思うんですよ。
で、ヨンベは首を左に傾けることさえMカ100回記念の時は忘れてますし(笑) ↓

k35.jpg
↑ スンリは、もう進む方向に体が向いちゃってるし・・・ 
この後は、ここまで進むんですよ、ヨンベとスンリは ↓

k2_20080521021056.jpg
(Mカ100回記念の映像では2人が見切れてるので、人気歌謡のキャプですが)

多分、当日のリハやりながら、「今日は移動が大変じゃね?」ってメンバー同士言い合ってたに違いない!
(ほんと、勝手な妄想ですけどね 笑)
人気歌謡とMカ100回記念のパフォーマンスの大きな違いは、会場の広さと奥行きの深さに原因があったんだな、と。
まあ、結論としては大した事なかったんですが(すいません!)
検証していく過程でいろいろ面白い発見があったので、この記事を書くことにしました。

では、その2つのコジンマルRemix.Verの映像をどうぞ♪

10/7 人気歌謡



10/11 Mカ100回記念




で、最後にスンリ、ヨンベのスリーダンスが始まってから終わるまでのマイクの行方が面白いので
これもついでにキャプで説明しますね。

まず、スンリがGDにマイクを渡し(GDがマイク2つを持っていることになります。)

k8.jpg
スンリのフリーダンス中に、ヨンベがテソンにマイクを渡しておく

k9.jpg
スンリのフリーダンス最後の4拍で、ジヨン、テソン、ヨンベが少しずつ移動。
ジヨンはフリーダンスしているセンターラインまでこの時移動しておく。

k12.jpg
k13.jpg
↑ この時、テソンはマイクを2つ両手に持っているのがわかりますか?

そして、今度はヨンベのスリーダンス。

k14.jpg
ここで、ジヨンとテソンからマイクを1個ずつ受け取るスンリ。
で、振り返って、マイクをヨンベに渡します。

k15.jpg
コジンマルRemix.Verのマイクの行方はこんな感じだったんですね^^

彼らで考えた振り付けとフォーメーションだから、工夫されてて、ひとつひとつの動きに意味がある。
だから、検証したくなるし、何度も見ていたくなるんです。
7月からの活動がとても楽しみですね~♪
また、何か気づけば記事を書きますが、もう見尽くした感もありありで・・・(笑)
ダンス解説っていうより、この曲のここの振りが好き、みたいなのは書きたいかな~・・・って考えてますけど
今、本当にいろいろやりたいことがあって、やっとリズムも出来つつあるので
このままのペースでゆる~くやって行きたいと思っています。

ちょこちょこ書き足して行ったので、1週間かかっちゃいました・・・この記事(汗)
また、読み返すうちに訂正を加えるかもしれませんので・・・。

あ、最後にせっかくキャプったこれ ↓ 

k3_20080522193928.jpg
う~ん ・・・ 2の腕、最高 


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。