スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HIPHOPPLAYA インタビュー

2008年04月20日 01:37

帰って来て、まずは記事収集の旅に^^
そしたら、すごく興味深い記事がありました。

20080417_IMG_3010.jpg

これから少しずつ書きますけど、ShowcaseのEpik Highはほんとにかっこよかった!!
衣装も流行を取り入れて、ブーツインでしたからね(笑)

エピ2

今回は、タブローとトゥカッツのインタビューが掲載されていたので
かなり長いですけど、興味深い内容なので、そのまま翻訳文を転記します。
すご~く長いので、興味ある方しか読破できないかも・・・ですが
エピカイの音作り、音に対するこだわりがすごく伝わってきます。
今回、サンプリングを使わなかったそうです。
オーケストラ以外は、ちゃんと演奏したんだそうです。
それに、自分たちがサンプリングされるような音を作りたいって・・・。
(いちお、翻訳文を読んで自分なりに解釈したことなので、もし間違っていたらご指摘下さい。)
それに、「LOVE LOVE LOVE」のような聞いた人の心に触れる愛の歌はずっと歌って行きたいんだそう。
今回のアルバムでは「傘」がそういう歌になるそうですよ。

それでは、インタビュー記事をどうぞ。
[PRODUCER, Tablo & Tukutz インタビュー].

tablo1.jpg

ヒッププル: 1集の時に帰って見れば, メンバーたちの曲はただ一曲もないです. 二番目アルバムに至って, 曲を直接収録し始めたんです, どんなきっかけたちがあったんでしょうか?

Tablo (以下: タプロー): 1集の時も実は曲を万たちだと作ったんです, 1集の時はダイナミックデュオ(以下: ダディユ)や J.Win(以下: ゼイウィン) みたいなあまりにも立派なビートメーカーたちがしてくれるというのに, 訳もなくそこでその方々に比べてとても格好悪い曲たちを入れる必要はなかったようです (笑い)

Tukutz (以下: トカット): 私どもの作った曲たちはとても充分でなくてぴったり見てもつけるのが確かだった... (笑い) 事実は 1集が終わって, 2集に対して社長と話し合っている途中プロデューシングを誰がどのようにするつもりなのか. という李矢賀あったが, その席でタプローがぎくっと返事をしてしまいました. 私たちがすると..(笑い)

タプロー: あの時から始まったのです. 実はあの時よくすることもできなかったが..(笑い)

トカット: 私は頭の中にこんなに思ったんです. ‘及んだか?’ したんです. (皆笑い)

タプロー: その言葉に責任を負おうとずっと努力しました.

ヒッププル: 本当に単純なきっかけだったですね?

タプロー: はい, 本当に単純で自然な.. その後でずっと欲心が生じたんです.

ヒッププル: その一番目アルバムで多くの活躍をしたし, 第 4のメンバーに称したりした, ゼイウィン義影響があったはずだと信じて疑わないですよ. どんな影響たちがあったんでしょうか?

タプロー: その影響がほとんど支配的であったんです. ゼイウィンがうちの一番目アルバムのプロデューサーであるだけに, 本当に私はまだ歴代ヒップホッププロデューサーの中に, ゼイウィンが最高と思います. 本当, このごろ他のビートよく作る方々がすることをその頃に本当にもうしていたし... とにかくゼイウィンを金融の方に奪われたのが..(笑い)

トカット: ヒップホップ係の最大損失ではないかと思います. このごろ株式枝でサンプルカッティングしていらっしゃいます. (笑い)

ヒッププル: 音楽的にはどんな影響たちがあったんでしょうか?

トカット: 何か, どんな作法に対するノーハウや, 基本になるものなどに対してたくさん見て学んだんです. 以前までは ‘どうに, どうする..’ する漠然たる想像ばかりしていたが, 実際にそれを私のの前でしていらっしゃる姿を見ながら学んだんです. ‘これはこのようにしなければならなくてこれはこのようにしなければならなくて..’ と直接的な説明は絶対しないです. プロデューサー運ぶに.. ノーハウがあるのだから. そこに対して全然言及をしないのに, 横で見えるんじゃないか. どのようにするのか.... 作業するその姿を見ながらとても多いことを学んだんです.

タプロー: そしてアルバムを統べる ‘プロデューサー’ 入場で進行する方式. 全部性格他のメンバーたちを, チームで.. どんなに見ればチームで作ってくれたのはゼイウィンであります. その時は私たちがお互いによく分からなくて, お互いに幼いから欲心もマンダボだから, お互いにぶつかることも多くてそうだったが, そのすべてのものをよく融合してくれたのが, ゼイウィンです. エピックこんにちはを作った人々の中に一人がゼイウィンだと言っても絶対過言ではない.. 本当に最高です (笑い)

トカット: エピックこんにちはという名前自体もタプローとゼイウィンが至恩かけるから.

ヒッププル: ソウル, R&B, ヒップホップに代表される黒人音楽が持っている特有のものなどがエピックこんにちはの音楽にどんなについている思うのか?

タプロー: 今度アルバムを聞いて見れば, ぴったり現われます. 今度アルバムがほとんど半々プロデューシングじゃないでしょうか. 私が惚れて, トカットが班固ミスラが一大声で泣いて. ところで, 聞いて見ればトカットの音楽は黒人音楽の影響がぴったり根にあります. R&B(R&B) ソウル(SOUL)的な性向たちが明らかで, 私の音楽は少しこんなに言えば私がちょっと笑わせるように見えることもできるが.. ちょっと白人音楽. こんなに黒人白人で分けてはいけないが.. 楽(ROCK)やエレクトロニック(ELECTRONIC) などのヨーロッパの方そんな音楽の性向がもうちょっと深くて. それで性格的でも歌たちを聞いて見ればトカットの曲たちはすごく強いです. 力があって.. 何だとそうであろうか.. 迫力があって, 私の曲たちはちょっと危なげです.

トカット: タプローの曲はサーカスを見る気持ちだと言えるか? 留守にしておくの時留守にしておいて.. する..

タプロー: その二つが共存するアルバムのようです.

トカット: これがすべて犬してからです. ゲコと迫力けんかしてから... (笑い)

タプロー: トカットはゲコとプロデューシングを二人で常に迫力喧嘩をします.. 誰がもっと強いか.. 誰がもっと強烈なのか..

トカット: それが, 初めには笑い話で始めたことなのに, アルバムを作業しながら密かに気になるんですよ.(笑い)

タプロー: 私は私のようなプロデューシングをする人々がいなくて..(笑い) ところで, 私はネルのゾングワンこれとお互いにそうなことがちょっと多いんですよ. ゾングワンイがする楽と私がするヒップホップに対してふたつが会っていて, 曲に対してこのようなことああなことたくさん話して... ちょっとライバルたちがそれほどいます.(笑い)

ヒッププル: rapをするグループで rapをするために必要な曲の基本的な形態はあると考えをしますよ. それらが hiphop的な要素であるでしょうに自ら思う音楽でのhiphop的な要素があるようです. どれだと思うのか?

タプロー: 一応ラップに対することはすごく徹底的なようです. うちの同じ場合は, 昔にもそうだったし今も相変わらずで. ラップをとても惜しむそんなチームなので... 曲を作りながら何よりラップがよく聞こえてメッセージ伝達がよくできるようにする方にするようです. ラップがちょっと引き立って, 家事伝達がよくできるように曲たちを編曲をする方です.

ヒッププル: プロデューサー立場(入場)で, ヒップホップで重要視されなければならないことは何と思いますか?

タプロー: 私はすごく単純な発言なのに, ドラムが頭に強くささらなければならないと思います. (皆笑い) 一応, ヒップホップすれば, 私はそのスネオが私の頭を何か大きい岩で取るように強いことが大好きですよ.

ヒッププル: 履歴書がそうだったです.

タプロー: (しばらく静寂..) ありがとうございます..(笑い)

トカット: レッスン 3街最高はキックは..(笑い)

タプロー: ではない, 今度 Eight by Eight この最高のようなの.. スネオぱっとささるのは.(笑い) ところで, すごく単純であほうな発言なのに, 一応ヒップホップはドラムの迫力がパック裂けなければならないと思います.

トカット: 私はドラムとベースの進行とそこで出るグルブすることも重要だと思います.

ヒッププル: 今度エピックこんにちはの音楽たちを聞いて見れば楽器ソースとかサウンド的な部分でトレンディな面が存在すると思います.

タプロー: はい, うちの今度アルバムがそうです.

トカット: 一応, 私がサンプリングを使わなかったんです.

タプロー: トカットも作法を変えられて, 初めからサンプリングをしないです. そしてサンプリングみたいな感じを出すためには初めからその曲を作っていて, それを切ってまた里サンプリング真書カットしてそうだったんですよ. それですごく独特だろう. 今度アルバムの曲たちを使いながらほとんどキーボードとこんなものなどをすべて演奏をしました. 私たちが直接演奏して, このようにしてそれを切って編曲をしてするから, この前にDJプレミア(DJ Premier, 以下: プリモ) みたいな形式で曲を作っても, そのこのごろ音たちとこんな楽器を使って作ったんですよ. それが必ずもっと良いのではないのに, 一番(回)こんなにやって見たかったです.

そしてダイナミックデュオ(以下: ダディユ), ネルなど私たちが親しいミュージシャンたちと, 音楽話をたくさんしながら出る話なのに,,. そのソースたち.. 音楽ソースたちとこんなものなどをもうちょっと電子的で, ちょっと宇宙的に行って見るのはどうなのか.. そうしてもっと夢幻的な感じを作るのはどうなのか... こんな話をたくさんするんですよ. 今度ネルアルバムを聞いて見れば, この前アルバムたちと本当にダリ, ビートも, 取ったビートがとても多くて, そしてシンデ−を使ったのがとても多いです. どんな面で私たちがよく使うそんな感じたちも出て.. 私たちアルバム聞いて見れば, ネルスロウン感じもあって.

ヒッププル: お互いに影響をたくさん受けたのですよね.

タプロー: はい, そうです.(笑い) そしてダディユが今度 6月に出るアルバムもすごく珍しいです. 本当に人々がびっくりするようです. ‘あダディユが?!’ しながら.

ヒッププル: 今まで見せてくれたこととはよほど他の音楽のようですね?

タプロー: 彼だから, 感じはすべてそのままです. 私どもやダディユや... 感じはそのままなのに, 表現方式がとても豊かになったと理解すれば良いようです.

ヒッププル: トカットはサンプリングをベースにしたストリッ一曲で代表になっていらっしゃったが, どんなきっかけで作法の転換があったのですか?

トカット: 自らに元々自らビートを作り始める時から, 自分自身にあったルールをオブエンことと思えば良いようです..

ヒッププル: そのルールをどんなきっかけでね?(笑い)

トカット: その方式もとても立派な方式だと考えをします. どんなに見れば, ヒップホップで一番基本になることだと考えをするのに, そのまま最新のサウンドを作りたかったです.

ヒッププル: 言葉で説明してくださることはすごく大変だが, 方法論的な側面でサンプリングベースでの作業と今度アルバムに作業はどんな差異がありましたか?

トカット: サンプル作業にはもちろんではない方々もいらっしゃるが, あの次第どおりは限界を感じていました. このフレーム中での限界をそれなりに感じて, シンセサイザーやキーボードで曲を作る作法では自分なりに想像したことを表現するのがずっと容易だと感じていたんです. それで今度は 100% 移ったんです.

タプロー: 今度アルバムは先ほどマルスムドリョッダシピ, 楽器を直接演奏すべてしたんですよ. オーケストラは私たちのすることができないから..(笑い) それ抜いてからは. それでもうちょっと自由だったし.. 一応, サンプリング真書作った音楽も立派な音楽だが, 私たちはサンプリングになる音楽を作りたいです.

ヒッププル: 今度アルバムの何何収録曲たちに対する尋常と言えよう? 手短な紹介をしてくださった多面です?

タプロー: タイトル曲 ‘One’ はどんなに見れば, メロディーやこういう面でそのまま楽なのに, 編曲をちょっとラップする部分ではこっそり, ハウスやそんな感じ出るようにしたし, 他の部分ではそのままちょっと楽です.

トカット: どんな要素要素たちがたくさん反映になって, よく組んで合わせられたと考えをします.

タプロー: 私が作ったことだから.. うーん.. この曲のジャンルを言いなさいと言えば, ポップ(POP)と言いたいです. 私たちが思う外国のどんなそのポップではなく.. ‘ポップミュージック’. 例えば, ネルリポタも(Nelly Furtado)や, ゾスティンティムボレイク (Justin Timberlake) みたいなこういうミュージシャンたちのジャンルがポップじゃないでしょうか. ちょっとポップ音楽だと言いたくて, 'Girl' は.. そのまま. このごろトレンディ(trendy) 一ヒップホップ?

トカット: このごろトレンディなヒップホップなのに, メロディー的な面はソウル草して..

タプロー: そして, Eight by Eight おこるか. The Future, ヨンピルカックのこのような曲たちはヒップホップなのに, そのこの前ヒップホップ感じを私たちがちょっと電子音とこのようなことで再解釈日が暮れて..

トカット: ハイファイ(HI-FI)1ゴールでももう (Golden Era)で見れば良さそうです.

タプロー: それで耳にもっとささるトラディショナル(traditional)一ヒップホップ曲たちで.. そしてクルレジカル(classical)一曲たちがちょっと多いです. これが私がエターナルモーニング(Eternal Morining)しながらそんな性向たちがたくさん生じたようだが, Be という曲と, アルバムの最後の曲あなたの切れたちはほとんど空いているピアノ演奏で, そこに合わせて歌が出て. そして BPMは決まった曲なのに, 去るアルバムの ‘flow’の後続編と思って作った, breakdown という曲があって, ミスだと(Mithra Jin)のソロ曲はミスラが作ったが..

トカット: その曲には弁駁が出ます.

タプロー: ビート自らの速度が変わるのはこの前にたくさんしたから, 今度はしなかったんです, 彼... リズムが形式が変わることはたくさんしました. タイトル曲も院キックに行ってから, ブレ? 部分には本当にブレ? ビートのように出て, ちょっと多様なリズムたちをたくさん使おうと努力をしました.

トカット: The Future という歌みたいな場合には身で感じられる打ちこもうという 140のに, 数字上ではドラムが 70です. 歌詞書く時ちょっと困ったんです.. お互いに思う節数が違ったことだから...

タプロー: 確かに 16節を使ったが, 8節だって...(皆笑い) それで私があの時怒りました. 16節すべて使って, '録音しよう~' といったところ, '8マディンデ..'(笑い)

Yankie(以下: ヤンキ): チームの一員たちとして, プロデューサーとして, お二人様が各自をどう思うのか知りたいです. 加減なしにお願い致します.

トカット: タプローみたいな場合はプロデューサーとして, 作法に限界がないようです. そんな面で横で見る時とてもたくさん学ぶ方です. お爺さんもたくさん得て. ジャンル的にとても融合だと言わなければならないか? こんなことに対してとても開かれているのが. 長所のようです. そしてプロデューサーとして, メロディー的な側面では一番卓越なようで.

タプロー: トカットみたいな場合は, 一番高く評価されるのが, 音楽を去って, 実はプロデューサーというその存在自体が一つの作法がお上手で認定を受ければそれに安住してずっとそればかりする方ですよ. ところで, トカットみたいな場合は事実, トカットの元々作法があったが...その作法をこのアルバムのため果敢に捨てて, 他の作法にしたんです. それをつけた期間の内にやりこなすのが本当に難しいことだけではなく, とても大きい努力が必要ですよ. そんな努力で音楽をいくら愛するのかが現われると考えをするのに, そのように音楽を愛するということ. そしてあれほど自分自身を発展させようと努力をするということ. そんなプロデューサーだと大好きです.

ヤンキ: それでは仕事部屋が別にあるんですか?

トカット & タプロー: はい.

タプロー: のように作業しないです. ほとんど.

トカット: 一応私のような場合には一人でいなくてはならない.. 何かをするスタイルだから...

ヤンキ: タプローはトカットが言ったそんなことに求愛は取り上げるようです.

トカット: そんないくつかの点もすごく羨ましいです. どこでも曲作業をする集中力!

タプロー: 私はいくらうるさくても構わないです. そのまま.. あまり神経を使わないです.

ヤンキ: 曲作業をする時, 特別に時間を取っておいて, なさるんですか?

トカット: タプローみたいな場合にはそうなことがないです. そのままどの瞬間これしなくてはならないして.. 作業を始めるのに, 私のような場合は心得を整えて雰囲気を造成した後 'さあ今から曲を作って' するスタイルだと言えるか. 一緒にお酒飲んでいていながらも ‘曲作らなくてはならない..’ してもうすべての準備をした後に作業に入って行くスタイルです. ブローはお酒飲みながらもするスタイルで.

タプロー: 本当にそうだね.. 本当...(笑い)

ヤンキ: 或者は曲を作った人がミキシングやマスタリングまで責任を負うのが曲の質感や, 色感をよく表現するとするのに, どう思いますか? ミキシングやマスタリングは専門家? 方々にいつも任せていらっしゃったが...

トカット: 次第の章.短所があるようです. 自分のバランスを最大限中破って上げて, 最後まで意図したサウンドをそのまま移して置くこともいいと思うのに, うちの同じ場合にはその分野には専門家が必要だという立場です.

タプロー: プリモがいつも一緒にするミキシングN.Gニアがあるんじゃないか. エディサンチョ. その人と作業しなかった時の作品を聞いて見れば.. ちょっと離れる気がします.

トカット: 代表的なゴールデンもう (Golden Era) 時代ヒップホップに最高の相性エンジニアとプロデューサーがプリモとエデ−サンチョだったが. プリモが直接したことや, 他人に任せたことと比べて聞いて見たんですよ. 多くのエンジニア方々して一緒に聞いて見たが... 確かに切符が出ます.

ヤンキ: 今度アルバムはまた MR.Sync と一緒に録音してミキシングをしたでしょう. 続いてして来ていらっしゃったのに, 章.短所に対して..

トカット: はじめから音楽を一緒に聞きながら最終絵を描き始めるんじゃないか. そんな面で時間をたくさん儲けたと言わなければならないが? そんな面でとても有利だったし.. 一番重要なことは楽だからです.. 心もよく当たって, それで意図自体を確かに伝達することができるから, 楽です. 音楽全体を聞いて見なくて, 一応キックから乗せて始めるミックスよりはこのようにしたN.Gニア分科するのがずっとましです.

ヤンキ: 今度アルバムを作業しながら楽だった状況や, 不便だった何あらゆるものなど..

タプロー: 今度アルバム作業はほとんど国内最初時も仕事こともあります. 私たちが録音室で筒で借りました. おおよそ 5ヶ月の間です. ヤンキが録音室を調えたが, 清淡洞にアークスタジオと. そのスタジオをまるで家のようにチァリョヌァがジで, シャワー糸もあって台所もあってそれで.. 私のような場合は初めから荷物を持って入って来てアルバムが終わるまで出なかったです. 家にてんから行かなくてスタジオで毎日夜寝て食事して... そのように作業をして見るから, 夜明け強くても君の時でも急に寝てアイディアが浮び上がれば起きてすぐ録音ができたし... エンジニアも私たちが筒でペイ(pay)を与えていてそのまま私たちと一緒に生活するようにしたし, ヤンキも一緒に私たちと生活をハダボだからピチョリングする時, 頼むのがとても易しかったし..(笑い) そして音楽する人々がいつも一緒にあったんですよ. リサン兄さんたちもここ来て一週間住んで行ったし, ダディユもよく遊びに来て, 他のヒップホップする弟(妹)たち.. 斧や李センス(E-SENS), ダブルK(Double K) なんかこのような友達も遊びに来て作業してグロダボだから, すごくそのまま本当にこのように音楽をしなければならないのではないかと言う気がしました. 本当の生活のように...

トカット: 笑い話でここを音楽読書室だと..(笑い) 一方にその部分がとても長所なのに, 私のような場合には短所で感じられる時があった蟹, 先立ってマルスムドリョッダシピ, 一人で作業をするスタイルだから, 作業をするためには楽器がある私の仕事部屋に行くとドエがジで.. 行ったり来たりするのが, とても不便だったんです.

ヤンキ: 期待する人が多くなりながら曲作業に対する負担が大きくなるはずだという気がします. まだ音楽中で自由だと思うのか?

タプロー: はい. そうだから, この歌がヒットをするかしないだろうのか, この歌がお金をたくさん薄赤いか薄赤くないのか. こんな多様な悩みたちがあり得るんじゃないか. ところで, そうなのを願えばそしてそうなのを切に望むのならそれではそんな悩みをします. ところで, 初めからそんな悩みがないから... そんなものなどがほしくて音楽を下はのではない補だから, 初めから負担も消えます. そのまま私がしたいのたくさんしたい. あらゆる試みもして見たくて, あらゆる話も聞かせたい. こんなマインドにするから, すごく楽しくて感謝します... 毎瞬間が.

ヤンキ: 職業という考えよりは音楽自体を楽しむ?

タプロー: はい. 今度アルバム, 特別にそうだったです.

トカット: プロ作曲家と私たちの差は, プロ作曲家はどうしてもヒット曲をたくさん梁山をしなければならないから, 職業だと考えになります. ところで, 私たちは音楽するの自体を楽しむから負担があまりないですね.

タプロー: 暮すのが負担な時はあっても, 音楽する時の負担はないようです.

ヤンキ: アルバムを作業しながらハプニングみたいなことはなかったんですか? おもしろいこととか, 良くなかった事とか...

タプロー: 良かったことは毎日ごとに良いハプニングたちがあったんです.. ダディユやオンノ−ウンデ−ゼイス(unknownDJs)やTV円ワイ(TBNY)が私たちといつも一緒にあれば, 笑わせるしかないでしょう. 状況たちが.. それ自体にすごくおもしろかったし... 良くないこともおびただしく多かったです. 特別に今度アルバムを作りながら周辺に自殺した人々があまりマンアがジで.. 私たちが理解できないほどにとても短い期間の内に自ら.. 命を切ったりした... そんなことが起きて.. すごくちょっと作業しながらもすごく憂鬱になって, ちょっと痛いそんな時期だから, それで今度タイトル曲 'One' の内容がちょっと生に紐をおこうと思う人々に救援のそんなメッセージを伝達したいそんな音楽になったようです. 私たちが経験するにはあまりパックセンことだから, すごく考えをたくさんするようになって成熟になるようになるそんな期間だったようです. 思いきり幸せではなかったです.

ヤンキ: 日常に起こることや経験することに, 音楽作業にたくさん反映になるようです.

タプロー: とてもたくさん反映になります. ‘One’ のような場合ではなくて私たちがする冗談やいたずらたちで作られる歌たちもあるようです. 'Eight by Eight' のような場合は作業しているのに, ダディユ遊びに来て, 斧遊びに来てダブルK遊びに来て私たちどうし言葉の遊びしてから, ‘こんな式で大声で泣くかして見よう’ 真書, するようになってこんな楽しいことも反映になるようです.
トカット: タプロー言葉のように, すべての創作に反映になるようです. 周辺状況.. 見て聞いて感じるものなどです. 文学的な側面ではないとしても, トラックするかを作ることも周辺の空気がとても重要なようです.

タプロー: それで感じたでしょう. TBNYの音楽が本当に珍しいのが... ヤンキがほとんどこの都市のソウルの王子水準なのに, 音楽を聞いて見ればまたとてもまるで本当の裏通りに刀持って隠れているようじゃないでしょうか. とてもすごく... 荒てました. (皆笑い) 冗談です- (笑い)

ヤンキ: 音楽を白画用紙だと思ったらエピックこんにちはは多くの方々が感じるのに多くの部分に絵を描いて満たしたと思えるようです. 今度アルバムを終わらせた時点で限界性を感じていないか, これから描いて行かなければならない絵たちが前に描いたものなどのため邪魔されているとかする考えをしないか?

タプロー: 私たちはところで, アルバムを始める度に, もし画用紙なら.. 私どもはそれを裂いてしまってまた手始めをするんですよ... そのままいつも百地位から. それでずっとそうですね.(笑い)

トカット: ところで, その画用紙裂かないで, そのまま置いた後に他のページに新しい絵を描いた後にその二つを合すれば, また新しい絵が出るようになるようです.

ヒッププル: エピックこんにちはは crossoverと新しいジャンルを作ること中にどっちに近いと思いますか?

タプロー: 私たちはそのまま, そんな考えなしに音楽すると立ちます.(笑い) おっしゃったふたつの中で一つで私どもを話してくだされば, 二人とも過大評価インのようで..

トカット: 先ほど申し上げたその基本フレームを取って, その上にしたいことをするのですよ.

タプロー: 二つともちょっとちょっと過大評価インのようで. 私たちはそのまま私たちがしたいのすることなのに, それが一味違うように聞こえれば.. (しばらく静寂) ありがとうございます. (皆笑い)

ヒッププル: no genre just music. 当たり前の言葉ながらも深み考えればその正義が曖昧な言葉でもあります. 具体的にどんな考えが盛られている言葉なのか?

トカット: 例えば, 私が 6年生 3組です私が.. ところで一生 6年生 3組になりたくはないんですよ. 進級をしなければならないでしょう. (笑い)

タプロー: それとも, 大学に特定とをゴングブハンダギより, 私たちはそのままその学校に見学する子たちなのでこの授業あの授業すべて聞いて見て.. そしてちょうど大学キャンパス広場で人々にあらゆる話してそうな子たち位インのようです. 一科に専門家でありたくなくて.

トカット: スポーツマニアになりたいでしょう, サッカーだけ見たくはないです.

タプロー: ところで, この連発する比喩たち.. 私たちちょっと正常に話できないか? (皆笑い)

ヤンキ: 以前アルバムたちで愛をたくさん受けた曲たちがあるんじゃないか,. そんな愛を受ける曲たちを思って, 曲を書かないんですか?

タプロー: それはないのに, 愛された理由はあるはずだから. そしてその歌たちが愛される前に作りたかった理由があるから. 'love love love' のような曲は聞く人の心に触れるそんな愛歌じゃないか. このようなことはいつもしたくて, 今度アルバムにも ‘傘’という曲があるのに, その曲のようにちょっと敍情的で美しいそんな曲も作りたくて. 何レッスン(Lesson) シリーズのように, セで強烈な曲も作りたくて.
ちょっと論外なのに, 人々が ‘どうしてレッスンシリーズをもっと ‘しないか’ こんな話多いが... 私たち考えにはする必要がないようです. そうだから, レッスンだと名前だけ付いている乞食, 4集もそうで今度アルバムもそうでかなりのものなどはレッスンだと貼り付けても....... 題目がそんなに重要なのか分からないです.

ヤンキ & ヒッププル: 最後にしたい話お願い致します

タプロー: 私は一応, ヤンキの弟(妹)を愛していて.(笑い) そして多くの方々がヤンキのスタジオ 'アーク'を愛用してくださったら, と思います. しかし知りあいとディスカウントこのようなことならないから, そんなことバラだないでください, 楽な環境で音楽を楽しくしたければ, このヒップホップ読書室で来てくれる見送ります. いらっしゃれば分かります. (笑い)

トカット: 音楽自体に対する態度は真剣であってはなると思うのに, 自分と意見があわないという理由でお互いに扱き下ろして幼稚ないたずらはやめたらと思います.

タプロー: 音楽する人はすべて美しくて偉いです. 音楽することだけでも... その音楽がどんな音楽でも, お上手でもできなくてもとにかく, 音楽をするということはすごく美しいことなのに, それが分かる人々同士はお互いにいくら美しい存在なのかをちょっと分かっていたらと思います.

トカット & タプロー: ありがとうございます.

インタビュー質問 | 金大型 (HIPHOPPLAYA.COM), 進取 (of PROJECT Z)
インタビュー進行 | 金大型 (HIPHOPPLAYA.COM). Yankie (of TBNY)
写真撮影 | 類題県 (HIPHOPPLAYA.COM)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。